2005年02月13日

ミナミヌマエビ

 水草水槽には「ヤマトヌマエビ」を入れて、コケの駆除にがんばってもらうというのが最近ではアクアリウムの世界で定着化しつつありますが、実はそのヤマトヌマエビよりも気に入っているエビがいます。その名は「ミナミヌマエビ」です。


Click Here!



 ミナミヌマエビが好きな一つ目の理由は、価格がヤマトヌマエビよりも安いことです。ミナミヌマエビを扱っているお店であれば、確実にヤマトヌマエビよりも安い値段で入手できると思います。魚釣りの撒き餌として使うミナミヌマエビが安く通販されていたりもしますので、これらのお店を使うのも良いと思います。

 片山フィッシュフード

 二つ目の理由として、水槽の中で繁殖することです。ヤマトヌマエビは卵からかえるときに、ゾエアという状態を経過するのですが、このとき、海水が必要になるそうです。したがって、普通の淡水のアクアリウム水槽では親エビが卵を抱えることはあっても、そこから繁殖することはありません。
 しかしミナミヌマエビであれば、卵から生まれたときからエビの格好をしているため、そのまま水槽の中で繁殖します。魚と一緒に飼っていると、稚エビが魚に食べられてしまうためか、そんなに爆発的に増えるということはないのですが、エビ専用水槽などを持っていると、ものすごい勢いで増えることがあるようです。
 一方、コケを食べる能力については、ヤマトヌマエビに比べると少し弱いところがあります。この弱さは数でカバーすると良いでしょう。
posted by wweb at 22:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイアミーズフライングフォックス

 この魚は非常にすばしっこい魚で、あまり熱帯魚水槽の中では綺麗な魚というわけでもないのでうすが、水草などについたヒゲ状のコケを一生懸命に食べてくれるという特徴があります。水槽の中に何匹もたくさん入れ過ぎると、なんか落ち着きが無い水槽になってしまいますが、1〜2匹程度は飼っても良いと思います。ときどき、サイアミーズフライングフォックスに似た魚が間違ってサイアミーズフライングフォックスとして売られていることがあるようで、こちらはコケをあまり食べてくれないようです。すばしっこさが違うようですので、注意したほうが良いと思います。


posted by wweb at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コリドラス

 ナマズの仲間です。あまり中層以上を泳ぐことは無く、水槽の底で砂利をツンツンといつも何か餌は無いかと探し回っています。よく、テトラ類にあげたフレークフードをテトラが食べきれずに底に落ちてしまったとき、そのフレークフードのお掃除屋さんとして水槽の中に入れることが多いですが、とてもお腹がすく魚で、かなりの量の餌を食べるので、その程度の量では足りません。かといって、フレークフードを水槽の中に入れすぎるとすぐに水を汚すので、コリドラス用のタブレットフードを様子を見ながら食べきれる量だけ食べさせてあげると良いでしょう。
 しぐさがかわいらしく、ときどき、じっとしているときには、ウインクをしてくれることもありますので、水槽にはぜひ導入したい魚です。


posted by wweb at 21:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷凍赤虫

 淡水ふぐのアベニーパファーがフレークフードなどの普通の餌をなかなか食べてくれずに、最近になって少し痩せてきたようにも見えるので、アベニーパファーがよく食べるはずの冷凍赤虫を近所の熱帯魚屋で購入してきました。
 冷凍赤虫というものを今回初めて買ったので、今まで商品の種類など気にも留めたことはなかったのですが、今回、アクアショップの冷凍えさコーナーを見るといろいろな種類のものがあって、驚きました。キョーリンというメーカーのものだけでも、100グラム当たり150円くらいから400円くらいまで3種類の冷凍赤虫があります。殺菌工程を経ているか、ビタミンの強化がされているかというあたりに違いがあるようです。今回は一番安い無殺菌の商品を購入しました。ちょっと病気を持ち込んでしまうのが怖かったのですが、家に帰ってからネットで調べてみたところ、無殺菌だからといって何か病気になってしまったというような書き込みは特に無かったので、そのまま1ブロックを凍ったまま水槽に入れてみました。
 すぐにネオンテトラやグローライトテトラなどが近づいてきて、ついばみはじめ、しばらくして塊が沈んでいくと、今度はコリドラスやクラウンローチが飛びついてきて、むしゃむしゃと食べていました。しかし、大事なアベニーパファーはなぜか物陰に隠れたままで、今回は出てきませんでした。しばらく、毎日、冷凍赤虫を入れていって、アベニーパファーの行動を観察していこうと思います。
 冷凍赤虫の問題は保存方法ですね。当然、冷凍する必要があるのですが、赤虫を冷凍するための専用の冷凍庫などはあるわけが無く、人間用の冷凍庫を間借りしなければいけません。家族から猛反対されるのは見えていたのですが、ほかにしまう場所も無いので、こっそりと冷凍庫の一角に冷凍赤虫をしまっておきました。しかし、その日のうちに妻に見つかってしまい、えらく怒られてしまいました。今は冷凍庫の一角を譲ってもらってしまってあります。
 魚の食いつきは良いので、今度は楽天市場で冷凍赤虫のまとめ買いをしておこうと思います。100グラム1枚あたり80円程度で購入できるようです。

 この記事をもとに冷凍赤虫を紹介するページを作りました。こちらです。 → 冷凍赤虫



冷凍赤虫 100枚セット(1枚100グラム)
冷凍赤虫 100枚セット(1枚100グラム)



赤虫の養殖は、中国の自然保護地区の農場において、餌となる有機肥料の管理まで徹底することで化学薬品などの有害物質による汚染を未然に防いでいます。また、商品になるまでの行程(赤虫の洗浄・殺菌・ビタミン添加・瞬間冷凍・パッケージングまで)をすべて一貫して行い、鮮度を保持しています。
薬品にも利用されているPTP包装は、ご家庭の冷凍庫でも清潔に保存でき、手に直接触れることなく1キューブずつ取り出すことが出来ます。
また、水分の蒸発を防ぎ冷凍ヤケから守ります。Hikariブランドの冷凍赤虫が生きているように赤い秘密は、ココにあります。
posted by wweb at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアリウム

image/wweb-2005-02-13T20:51:19-1.jpg
 今日からアクアリウムに関するブログを立ち上げました。今回はSeeSaaブログを使用しました。Seesaaブログは最近になって容量も大きくなりましたし、また、夜でも比較的アクセスのスピードが速いので使いやすいブログサービスだと思います。
 本題のアクアリウムの方は、自宅の居間に横幅120cm(奥行き45cm、高さ50cm)の水槽を置いています。とても大きな水槽で、普通の家庭用に買うのであれば最大級の水槽だと思います。また、ガラス水槽での最大のサイズもこの程度までで、これ以上になるとアクリル水槽が一般的になります。
 しばらくは水槽の中を暗めにして、クリプトコリネという種類の水草やウイローモス、アマゾンソードプラント、アヌビアスナナなどを中心にした水景を作っていましたが、それも少し飽きたので、リシアをふんだんに使ったレイアウトにしました。
 120cmの水槽に対して、60cm用の2灯式ライトを全部で6個、18w型の直管型蛍光灯を全部で12本つけています。またこれらの蛍光灯には100円ショップで買ってきたアルミテープを裏側に貼り付けていて、無駄なく、水槽内を照射するようにしてあります。
 また、「みどぼん」と言われる大型(5kg)の二酸化炭素ボンベを水槽の下に置いてあり、照明がついている時間帯は、1秒あたり2滴程度の割合で強制的に水槽の水の中に添加しています。熱帯魚水槽というと普通はエアーポンプでブクブクと酸素を添加しますが、水草水槽では二酸化炭素を添加します。照明がついている間は、植物は光合成により二酸化炭素を消費して酸素を生産しているためです。二酸化炭素が不足すると、水草の生長が悪くなったり、最悪の場合は枯れたりしてしまいます。
 さすがにこれだけの明るさで二酸化炭素も強制添加していると、リシアはたくさんの酸素の泡をつけてガンガンと成長しています。リシアはもともとは浮き草なので、何もしなければ水面に浮いてしまいます。しかし、ステンレス製のネットなどを使って、リシアを中に入れて水の底に沈めています。
 水槽の中は徐々に変わっています。水草を追加したり、レイアウトを変更したり、新しい熱帯魚を買ってきたりといった変化です。そんな変化を徐々にこちらでレポートしていきたいと思います。
posted by wweb at 20:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。