2005年05月21日

ミナミヌマエビが増えました

 水槽の中のメンテナンスをサボっていたらたいへんなことになってしまっていたので、今日はトリミングを行いました。 リシアの方は向かって右側の部分の大部分が浮かび上がってしまっていたので、再度、底に沈めて石を乗せたり、 ステンレスのネットの中に入れたりして綺麗にしました。そんなメンテナンスの作業をしている中で気がついたのが、 ミナミヌマエビの数がとても増えたことです。水槽の中のメンテナンスをサボっていたせいで、 産まれたミナミヌマエビが隠れるところがたくさんできて、魚から身を隠すことができたのでしょう。かえって、 メンテナンスをサボっていたのが吉と出たかもしれません。

 ちょっと心配なのは、リシアとガラス面の間に藍藻が出てきてしまいました。吸い取ればすぐに取れるのですが、 まだ破片が残っているような気がするので、また増えてくるかもしれません。しかし、リシアの勢いがすごいので、 藍藻が全面に広がってしまうような心配はなさそうです。

 先日、100円ショップにいったときに買って来た魚すくいの特大の網が今日は役に立ちました。リシアをいじっていると、 水槽の中全体に、リシアの破片が舞い上がってしまうのですが、これを効率的に掬い取ることができました。

posted by wweb at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

サイアミーズフライングフォックス

 まだ小さいときに水草についたコケを食べてくれるフライングフォックスを1匹だけ水槽に入れていたのですが、最近、冷凍赤虫をあげているせいか、とても大きくなってきてしまいました。しかも、コケはほとんど食べなくなってしまい、今ひとつの存在です。さらに、今日になって様子を見ていると縄張りを作っているようで、そこに入ってくるほかの魚を威嚇して、追い掛け回しています。目の周りは金色に輝いていて、身をプルンプルンと震わせているので、もしかすると産卵が近いのかもしれません。一匹しか水槽に入れていないので少しかわいそうですが・・。
 ほかの魚、ネオンテトラやグローライトテトラ、そしてアカヒレたちも、しばらく前まではお腹をパンパンにして、身を震わせていたのですが、最近では少し静まってしまったようです。水質の影響かもしれないので、様子を見つつ換水の頻度を上げてみようかと思っています。
posted by wweb at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

アベニーパファーの二匹飼い

 アベニーパファーは気が強いので単独飼いが好ましいと言われていますが、専用水槽を設けるわけにもいきませんし、もともとの購入理由が、スネールの撲滅が目的だったので、120cm水槽でほかの魚たちと一緒に泳いでもらっています。
 アベニーパファー自体も2匹購入してきたのですが、この二匹はだいたいは一緒に泳いでいるようです。しかし、ときどき、大きいほうが小さいほうを威嚇して追い払ってしまいます。しかし、またしばらくたつと、二匹で仲良く泳いでいるというのを繰り返しています。
 一方、水槽の中にはネオンテトラ、アカヒレ、ミナミヌマエビ、コリドラス、クラウンロー地、ヤマトヌマエビ、グローライトテトラ、サイアミーズフライングフォックス、石巻貝などが同居していますが、ほかの魚たちに対しては威嚇はしていないようです。続きを読む
posted by wweb at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

ネオン病?

 今日、水槽の中を見てみると、ネオンテトラの尾っぽに、ちょっと色が抜けたようなところがありました。しかも、1匹だけではなく数匹です。そういえば、最近になって、突進するように急に泳ぐネオンテトラがいたり、なんとなくネオンテトラの動きに変なところがありました。ネットで情報を調べてみると、もしかするとネオン病という病気かもしれません。
 ネオン病の原因となる病原菌はいつでも水槽の中にはいる菌のようですが、水質の悪化などを契機に急激に魚に悪さをするようです。最近、冷凍赤虫などを与えていたので、予想以上に水槽内の水質悪化が進んでいたのかもしれません。
 かなり、感染力の高い病気で、一晩のうちにバタバタとネオンテトラに感染して、ネオンテトラが水槽からいなくなったなどという書き込みもありましたが、そこまでひどいことには、まだなっていないようです。本来は病魚を隔離して薬を入れた水の中で静養させないといけないようですが、まずは水槽の中の水を換えて、ちょっと様子を見ようかと思います。
posted by wweb at 17:44| Comment(9) | TrackBack(1) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

ネオンテトラ

 熱帯魚の中で一番ポピュラーな魚ではないかと思います。水質が良くて魚にとって環境が良いと、とてもきれいに発色します。昔は人工の繁殖が難しく、野生のネオンテトラを取ってきたので、とても高い魚だったようですが、今では人工繁殖の技術が定着して、アクアショップで10匹で500円以下という値段で見かけることも多くなってきました。しかし、水槽内での繁殖は難しいようです。
 危険を感じるような場所では群れて泳ぐために、その美しさが倍増します。これはまわりに大きな魚など危険だと感じるようなものがあると、群れて泳ぐことにより、全体の大きさを大きく見せることによって、相手に威嚇をするためです。しかし、水槽の中に入れてしばらく経過すると、その水槽の環境に慣れてしまって、バラバラに泳ぐようになってしまいます。


posted by wweb at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

ミナミヌマエビ

 水草水槽には「ヤマトヌマエビ」を入れて、コケの駆除にがんばってもらうというのが最近ではアクアリウムの世界で定着化しつつありますが、実はそのヤマトヌマエビよりも気に入っているエビがいます。その名は「ミナミヌマエビ」です。


Click Here!



 ミナミヌマエビが好きな一つ目の理由は、価格がヤマトヌマエビよりも安いことです。ミナミヌマエビを扱っているお店であれば、確実にヤマトヌマエビよりも安い値段で入手できると思います。魚釣りの撒き餌として使うミナミヌマエビが安く通販されていたりもしますので、これらのお店を使うのも良いと思います。

 片山フィッシュフード

 二つ目の理由として、水槽の中で繁殖することです。ヤマトヌマエビは卵からかえるときに、ゾエアという状態を経過するのですが、このとき、海水が必要になるそうです。したがって、普通の淡水のアクアリウム水槽では親エビが卵を抱えることはあっても、そこから繁殖することはありません。
 しかしミナミヌマエビであれば、卵から生まれたときからエビの格好をしているため、そのまま水槽の中で繁殖します。魚と一緒に飼っていると、稚エビが魚に食べられてしまうためか、そんなに爆発的に増えるということはないのですが、エビ専用水槽などを持っていると、ものすごい勢いで増えることがあるようです。
 一方、コケを食べる能力については、ヤマトヌマエビに比べると少し弱いところがあります。この弱さは数でカバーすると良いでしょう。
posted by wweb at 22:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイアミーズフライングフォックス

 この魚は非常にすばしっこい魚で、あまり熱帯魚水槽の中では綺麗な魚というわけでもないのでうすが、水草などについたヒゲ状のコケを一生懸命に食べてくれるという特徴があります。水槽の中に何匹もたくさん入れ過ぎると、なんか落ち着きが無い水槽になってしまいますが、1〜2匹程度は飼っても良いと思います。ときどき、サイアミーズフライングフォックスに似た魚が間違ってサイアミーズフライングフォックスとして売られていることがあるようで、こちらはコケをあまり食べてくれないようです。すばしっこさが違うようですので、注意したほうが良いと思います。


posted by wweb at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コリドラス

 ナマズの仲間です。あまり中層以上を泳ぐことは無く、水槽の底で砂利をツンツンといつも何か餌は無いかと探し回っています。よく、テトラ類にあげたフレークフードをテトラが食べきれずに底に落ちてしまったとき、そのフレークフードのお掃除屋さんとして水槽の中に入れることが多いですが、とてもお腹がすく魚で、かなりの量の餌を食べるので、その程度の量では足りません。かといって、フレークフードを水槽の中に入れすぎるとすぐに水を汚すので、コリドラス用のタブレットフードを様子を見ながら食べきれる量だけ食べさせてあげると良いでしょう。
 しぐさがかわいらしく、ときどき、じっとしているときには、ウインクをしてくれることもありますので、水槽にはぜひ導入したい魚です。


posted by wweb at 21:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。