2005年10月10日

久しぶりに換水とトリミング

 夏の間は送風ファンの影響で水が蒸発して水面の位置が段々と下がってくるので、週に1回の水足しをするくらいで、 ほかのメンテナンスはあまりしていなかったのですが、 もう10月に入ってからは気温がずいぶんと下がってきたので水槽のメンテナンスを本格的にすることにしました。

 今回は水を半分くらい取り替えて、底砂の中にたまったリシアが枯れた残骸を底砂クリーナーで掃除をしました。ずいぶん、 富栄養化していたのでしょうか。一部では藍藻のかけらも見つけたので、今回は早めにメンテナンスをしておいて良かったです。

 リシアはまたずいぶんと増えていたので、きれいに見えるようにちぎってしまって、 また水面に浮いて増えているリシアもネットを使って取り除きます。ミクロソリウムもずいぶん大きく育ってしまっているので、 水面に届いてしまって水の中への光を遮ってしまっているような葉っぱを取り除きました。これでずいぶんと水槽の中はサッパリとします。

 一方で切り取った葉っぱやリシアを放り込んだバケツの方を見ると、バケツ半分くらいの水草がたまっていました。 これだけの水草がいつのまにか水槽の中で繁殖していたことになります。こんなにたくさんの水草を買えば結構高いよなと思いつつ、 藍藻が発見された水槽の水草など人にあげるわけにもいかないので、今回はバッサリと捨てました。

 メンテナンスを終えると、魚たちはなんだか元気そうに見えます。やはり硝酸塩がかなり蓄積されてしまっていたのでしょう。 水換えによって気持ちがよくなったようです。 これで水質が変わったことに刺激されて産卵でもしてくれると良いのですがそんな兆候は無さそうです。

posted by wweb at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽・器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7959404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。