2005年08月02日

真夏日と水槽の水温

 最近は暑い日が続きますね。関東地方は連日のように30度を超えてしまっています。問題は熱帯魚水槽ですが、 こちらはファンの効果で27度台で水温は落ち着いているようです。でも、ずっとファンは回りっぱなしなので、少々、 居間がうるさくなってしまっています。ファンは25度以上になったら回るようにしているのですが、冷房をかけたときでさえ、 27度くらいの室温にしか設定しないので、ちょっと低い温度を指定しすぎているのかもしれないということに今気づいて、 冷風ファン用サーモスタットの設定温度の指定を27度に変更しました。これで、 夜などには一時的にファンが止まる時間帯も出てくると思います。

スポットファン20 スポットファン20

 ファンは水面に風を送りつけることで、水面から水を蒸発させて、 水が気化するときに気化熱を奪う原理を利用して水温を低くしています。従って、暑い日にはガンガンと水量が減ります。 1週間も水の補充をしなかったら120cm水槽を使っているにもかかわらず水面が5cmほど下がってしまいました。 これは凄い水量が蒸発していることになります。この5cmほど下がった水面をもとの水面の高さにまで戻すためにバケツで補充してみたところ、 10リットル入るバケツで5往復しなkればいけませんでした。つまり1週間で50リットルの水が蒸発したことになります。 60cm水槽一つ分くらいの水ですね。 この50リットルの水が部屋の中にこもってしまったのだとすると部屋がかびだらけになってしまいそうですが、窓を開けるか、 エアコンを運転しているので、部屋に対する悪い影響は今のところ出ていないようです。

posted by wweb at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽・器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。