2005年05月28日

アクアリウムファンとファン専用サーモスタット

 そろそろ、ジメジメとした梅雨をむかえ、やがて夏本番となります。そろそろ、水槽の温度管理に気を使わなければいけません。やはり、 28度から29度を水温が超え始めると、水草や一部の熱帯魚の調子が崩れてしまいます。 熱帯魚水槽だというのに逆に冷やさなければならないというのも、おもしろい話しだと思います。

 楽天市場で商品を探してみたところ、狭いところにも結構な大風量が送り込めそうな製品を見つけました。夏場の水温対策、 新発想パワフル冷却、SPOT FAN 20だそうです。水槽関連製品を扱っているコトブキの製品です。 対応水量は45cmから60cmの60リットル以下の水槽用ということで、ちょっと私のうちの120cm水槽には不足しますが、 まずはこれで効果のほどを確認してみようと思います。

スポットファン20

スポットファン20

スポットファン10

スポットファン10

 また、製品を購入した楽天市場のスリーペットが5000円以上で送料無料ということだったので、 FAN用のサーモスタットもあわせて購入しました。下記の製品です。

GEX 観賞魚用ファン専用サーモスタット FE-001

GEX 観賞魚用ファン専用サーモスタット FE-001

 これらの製品が本日到着しました。さっそく水槽にセットです。まず、ファンの方ですが、静寂の中ではやはり回転音が気になりますが、 テレビなどをつけているとあまり気にならない音のようです。出てくる風の量もそれなりに出てくるのと、うまく水面を風が流れて行って、 水の蒸発を促してくれているようです。水が蒸発するときに気化熱をうばって水温が下がるという仕組みなので、 いかにうまく水の蒸発を促すかが冷却のポイントになります。

 一方のサーモスタットのほうは、温度調節のダイヤルがとても大きくて使いやすいです。水温を決めておくと、 その水温よりも高くなると、きちんと電源をオンにしてくれてファンが回り始めます。そしてセットした水温よりも下がると、 ファンをとめてくれます。これにより、水温が低いときにはファンの耳障りな音もしませんし、電気代も節約できるので、 ファンで冷却するときには欠かせないパーツだと思います。

 しばらくはこれで運用を続けてみて、冷却能力に関してチェックしてみます。

posted by wweb at 11:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 水槽・器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3961654

この記事へのトラックバック


Excerpt: アクアリウムアクアリウム( 英:''Aquarium'' )とは所謂水族館の事であるが、日本では観賞用に熱帯魚(観賞魚)や水草などを飼育・栽培する事、またはそのために構築された水槽を含む環境を指す。似..
Weblog: ペットあれこれ
Tracked: 2007-07-30 15:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。