2005年02月28日

照明の点灯時間の短縮

 水槽のライトはリシアの気泡が見たいばかりに、かなり長めに点灯していました。全部で18Wの蛍光灯が11本ついているのですが、時間差攻撃で対応していて、全部が点灯している時間が約8時間、どれかしらの蛍光灯が点灯している時間が11時間となっています。
 さすがにこれでは点灯時間が長すぎるらしく、夜になってくると、まだライトが明るいにも係らず、水草が就眠に入ってしまうこともあります。(オジギソウのように葉っぱが閉じた状態になるので判ります)
 また、最近になってから、水槽の前面のガラスにコケが目立つようになってきました。昔、何かのおまけで貰った「コケトリスクレーパー」というプラスチックの板があるのですが、これでガラス面をゴシゴシとやると簡単にコケは取り去ることができます。簡単にコケが取れるとはいえ、コケが出るのは水槽の中の全体から見れば、好ましいことではないはずなので、照明の点灯時間の短縮をすることにしました。
 今回の見直しにより、全部のライトが一斉に点灯している時間は6時間、どれかしらの照明が点灯している時間は9時間となります。最初は水草たちがコンディションを落とすかもしれませんが、あまり、いじらずに、ノンビリと構えて、水槽の中の状態を観察していきたいと思います。
posted by wweb at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 水槽・器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「流氷の天使」クリオネが自宅で飼える(驚)!!
Excerpt: 世の中、とんでもないこととなったものだ。今、あの「流氷の天使」と言われるクリオネを自宅で簡単に飼えるセットが楽天市場で売っているのだ。クリオネとは、流氷の浮く海水にしか生息しない、きわめて珍しくも、天..
Weblog: ストレスフリーな生活
Tracked: 2005-03-05 10:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。