2005年02月19日

ライトスタンド

 特に水草をやっていると、水槽の上にライトをたくさん置いて明るくしなければいけませんが、ライトをたくさん載せれば載せるほど、水槽の中に熱がこもりやすくなります。一方で外部フィルターへのホースなどを取り出すスペースなども不足してしまうので、ライトを多少持ち上げて、水槽との間に若干のスペースを作る必要が出てきます。こんなときに使用するのがライトスタンドです。
 ライトスタンドにはアクリル樹脂などを使用した簡単なものから、スチール製の立派なライトスタンドまでいろいろな種類があります。

★簡単なタイプ

Click Here!


ビオトップジャパン楽天市場店


Click Here!


アクア&アニマルのスリーペット

★高級なタイプ

Click Here!


アクア&アニマルのスリーペット

 今まで、角材の周りにアルミテープを張って、ちょっと見栄えは改善しつつライトスタンドとして使用していたのですが、なんとなく格好が悪さは残ってしまっていたので、楽天市場のスリーペットというお店で高級なタイプのライトスタンドを購入してみました。120cm水槽を使用しているので、アクリル樹脂のスタンドを使用すると、1列のライトをリフトアップするだけでも2セット分を購入しなくてはならず、それなりの値段になってしまうため、スチール製のタイプを購入することにしました。
 120cm水槽用のライトスタンドとしては当然、長さが120cmのものを購入しなくてはいけません。だいたい6000円程度で購入することができます。上には60cm水槽用の2灯式ライトを安全に2つ横に並べて置くことができるように工夫されています。結構、しっかりできているようですが、さすがに120cmも間があいていると、ライトを2つ載せると若干のたわみは出てしまうようですが、普通においてある限りは、たわみは目立つことは無いので合格点だと思います。見栄えがずいぶんよくなりました。
posted by wweb at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽・器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。