2005年02月13日

ミナミヌマエビ

 水草水槽には「ヤマトヌマエビ」を入れて、コケの駆除にがんばってもらうというのが最近ではアクアリウムの世界で定着化しつつありますが、実はそのヤマトヌマエビよりも気に入っているエビがいます。その名は「ミナミヌマエビ」です。


Click Here!



 ミナミヌマエビが好きな一つ目の理由は、価格がヤマトヌマエビよりも安いことです。ミナミヌマエビを扱っているお店であれば、確実にヤマトヌマエビよりも安い値段で入手できると思います。魚釣りの撒き餌として使うミナミヌマエビが安く通販されていたりもしますので、これらのお店を使うのも良いと思います。

 片山フィッシュフード

 二つ目の理由として、水槽の中で繁殖することです。ヤマトヌマエビは卵からかえるときに、ゾエアという状態を経過するのですが、このとき、海水が必要になるそうです。したがって、普通の淡水のアクアリウム水槽では親エビが卵を抱えることはあっても、そこから繁殖することはありません。
 しかしミナミヌマエビであれば、卵から生まれたときからエビの格好をしているため、そのまま水槽の中で繁殖します。魚と一緒に飼っていると、稚エビが魚に食べられてしまうためか、そんなに爆発的に増えるということはないのですが、エビ専用水槽などを持っていると、ものすごい勢いで増えることがあるようです。
 一方、コケを食べる能力については、ヤマトヌマエビに比べると少し弱いところがあります。この弱さは数でカバーすると良いでしょう。
posted by wweb at 22:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとうございました。
ミナミ、あたしも好きです(-^^-)
屋外で飼育しているのですが、夏の暑さにも冬の寒さにも強くて、ほんと逞しいですよね〜

いろんな色が見られるのも嬉しいですし♪
Posted by at 2005年03月05日 21:25
 ミナミヌマエビは小さくて色も透き通っていて、とてもきれいで繊細なエビですよね。エビ専用水槽計画を着々と進めています。
Posted by アクアリウム日誌 管理人 at 2005年03月06日 19:25
いいですね
Posted by 無名 at 2006年01月23日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

現在のエビボトルの様子
Excerpt: 相変わらず、水換え無し&エサやり無しで続けてます。 環境によって個体の大きさって制限されるのかな? いつまでたっても子供サイズです。 水、とってもキレイです。 夏は30℃を超える日が普通に続いてたけ..
Weblog: ♪動植物日記♪
Tracked: 2005-03-05 21:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。