2005年06月06日

トリミングと水換え

 また、久しぶりになってしまいましたが、120cm水草水槽の水替えとトリミングをしました。 ミナミヌマエビの数がこの春にとても増えたため、水替えをするときに小さなエビを吸い出してしまいそうで、かなり気を使いました。 半分程度の水を取り替えたのですが、水槽の中の水の透明度は非常に増しました。

 一方でリシアの方については、かなり浮き上がってしまっていたので、今回は石を上から置いて誤魔化す程度では駄目だったので、 ステンレス製のネットの中に浮かび上がったリシアをしまいなおして、底に沈めました。

 また、最近は気温もかなり上がってきました。今、この投稿をしようとしているときも、突然、ファンが回転し始めました。水温が26. 4度をさしているので、サーモスタットの電源が入ってファンが回り始めたようです。結構、水温が下げる効果は大きいようです。しかし、 水が蒸発するスピードも速いので、1週間に1回は水を足した方が良さそうです。

スポットファン20

スポットファン20

スポットファン10

スポットファン10

 

 

posted by wweb at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

水族館の海水

 朝から日本テレビ系の目がテンを見ていると、水族館の特集でした。その中で驚いたのが、水族館で使っている海水です。 水道水と人工海水から作っているのかなと思っていたところ、実は八丈島沖から海水を持ってくるそうです。 海水であれば別に東京湾から持ってきても良さそうな気がするのですが、八丈島沖、芝浦ふ頭、浦賀水道で比較すると、透明度がまったく違い、 断然、八丈島沖のものがきれいでした。浦賀水道、芝浦ふ頭の海水では透明度が悪いため、魚を鑑賞するのに支障が出てしまうようです。 船は海水を取りにだけ八丈島沖に行くわけではなく、生活用品などを八丈島に届けたあと帰りに海水を採取して東京までもって来るようです。

 他に水族館の濾過装置の中身も公開していましたが、濾材が普通のアクアリウム用とはかなり違うようです。 通常はシポラックスなどの濾材が使われますが、テレビで紹介された濾過槽は濾過砂と紹介していたようにまさしく砂のような濾材でした。

 また、同じく番組の中で水族館の照明の秘密も紹介してくれていました。通路側よりも水槽内の照明を明るくすることで、 水槽の中にいる魚から通路側の人が見えにくくなるようにしているそうです。確かに水族館の中は薄暗いことが多いので、 なぜこのようにしているのかよく判りました。

続きを読む
posted by wweb at 07:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 水槽・器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。